アメタマラボ

企業に縛られず自由に生きたいと願いつつ日々書き留めていく雑記ブログ

マリオカートアプリ配信開始!非課金でも遊べるか?


先日、2019年9月25日「マリオカート」のモバイル版となる「マリオカートツアー」が配信開始になりましたね!

マリオカート
マリオカート
開発元:Nintendo Co., Ltd.
posted withアプリーチ

元々、スーパーファミコン時代から人気のあるマリオカートシリーズなだけあって、それをスマホで手軽に楽しめることからユーザーからも高い評価を得ていて、出だしはひとまず好評のようです。

しかし、中にはモバイル版で否めない課金要素に対して、一部のユーザーから不満の声が挙がっているようです。


二段構えの課金要素


「マリオカートツアー」には、「ルビー」というアイテムがゲームをより楽しくする為の鍵となっています。
モバイルゲームをされている人はご存知かと思いますが、課金石になります。

このアイテムは、スマホゲームの強化の醍醐味でもあるガチャに使用するもので、ゲームを進めていくことやログイン、ランクアップ、運営のボーナスから定数入手することが可能ではありますが、3個につき240円・10個につき720円で購入することも可能です。

ドカンと呼ばれるガチャは、1回につき5個のルビー・ 10回につき45個のルビーが必要となります。


また、「マリオカートツアー」には、「ゴールドパス」という月額課金もあります。
月額550円を支払うことでゲームを有利にする為の様々な特典を得ることができます。


任天堂の力の入れどころ


「マリオカート」そして、「任天堂」というブランドが故、尚のこと、課金要素に難色を示す人も多いかと思います。

昔のテレビゲームや小型ゲームには、課金要素はほぼありませんでしたし、お金持ちでもそうでなくても平等に楽しめるものでした。

が、近年は顧客側からするとそうではなくなってしまいましたね。

しかし、時代の変化でスマホで手軽にゲームを楽しめる時代になったことでハードを買ってまでゲームをするユーザーも少なからず減少していることも事実ですし、開発者側からすると利益を上げる為にはやむを得ない選択なのかもしれませんね。

任天堂は、スマホゲームをいずれは収益の柱を支える1つにしていきたいと語っています。

長年多くの人から愛されてきた任天堂というブランドだからこそ、期待は裏切らないと信じるしかないでしょう。

結論、無課金でも決して遊べないというわけでもないですね。今後追加される要素にも寄りますが、ひとまず純粋に楽しむことが出来そうです。
任天堂ブランドだから出来る課金者と無課金者の差別化。
さじ加減を上手くやってくれることを願っています。

開発者側が顧客のことを考えてサービスを生産していくのは当然の事ですが、我々ユーザーも時代の変化によるシステムを受け入れて開発者側を応援していくことでサービスの品質もより良いものへ進化していくのかもしれませんね。