アメタマラボ

企業に縛られず自由に生きたいと願いつつ日々書き留めていく雑記ブログ

困難を乗り越える為の打開策。穴埋めの計算式で考えてみた。



皆さんも少なからず悩みを抱えているでしょう。

職場での人間関係や仕事の進捗、子育て、節約や家計のやりくりなど人によって、その悩みは多岐に渡ります。

筆者の中でも最近、大きな壁が立ちはだかっていて苦しんでいる最中に考えていたことを綴りたいと思います。


まず、悩んでいる人には当然、今現在自身の目の前に立ちはだかってる壁が目の前にあります。

その問題点はご自身で理解されていると思います。

例えば、
人間関係→あの人と上手くいかない。苦手。
業務関連→目標値に届かない。売上が達成できない。
家計関連→貯金ができない。生活に余裕が無い。
など...


では、次に今起きている事象を外的要因も含めて、その原因を考えましょう。

人間関係→少なからず自分にも原因は無いか。
業務関連→今の方法で効率が悪い部分は無いか。
家計関連→無駄遣いしてないか。価格は適正だったか。


まずは、ここまで見つめ直して、考えることが大切なのではないかと思いました。

そして、今立ちはだかってる壁があるということは、乗り越えた後のことも考えているかと思うのです。

こうなったらいいのになぁ。という理想・ビジョンを想像しているはずです。
人間特有の欲は誰しもあるはずです。

ここまで考えている人は、大多数だと思います。
これだけ考えていれば(材料が揃っていれば)
実は充分だったりするのかもしれませんね。

何故なら、後は原因に対しての打開策・対処法を考えばいいだけですから。


例えが解りづらいかもしれませんが、
算数や数学で穴抜けを埋める問題を解いたことはありますよね。

5+〇=8

数字は何でもいいのですが、こんな形式のものです。

〇の答えである3を導きだすはずです。

では、この5を原因・問題点に。
〇を解決策・打開策に置き換えて
答えの8を理想のビジョンに置き換えましょう。

8(理想のビジョン)にする為には、5(原因)は分かってるから、〇(解決策・打開策)は何だろう…。あ、3だ!となりますよね。

3だ!と気づいたときが5(原因)に対して行動することによって、解決策・打開策を見つけたとき。
すなわち、8(理想のビジョン)が生まれたときです。

しかし、多くの人はこの〇に当てはまる解決策・打開策が分からずに悩んでいるのではないかと思います。

実際に筆者もそうでしたから。

難易度は計算式によります。
〇について導き出す為には、

勿論自分で考えて実行するもよし。
※ここで間違えた答えを出すと計算式が完成しません。

知識・経験のある人の立ち振る舞いを見て学ぶもよし。

直接、相談して一緒に考えるもよし。

ここでの行動が重要なポイントになるわけですね。

厳しい言い方になりますが、スポンジの吸収率が足りていない人(勉強をしていない人)がいつまでも間違えた穴埋めをしていても(適当に答えを書いていても)答えは出せません。

参考書を読んで考えて勉強するなり、知識や経験のある人やパートナーに聞かなければずっと分からないままで答えは出せません。

結果、〇を導き出す為にどう行動するかが重要なのです。

ところどころ解りづらい表現で申し訳ないですが、少しでも悩んでいる人達の手助けになればと思います。